ボンキュートとピルは一緒に飲んでも大丈夫?

MENU

ボンキュートとピルは一緒に飲んでも大丈夫?

ボンキュート,ピル

避妊や生理痛の軽減や生理不順の改善を目的としてピルを服用している方も多いと思います。共に女性ホルモンの分泌を調整する効果があるので、ボンキュートとピルを一緒に飲んでも大丈夫なのか?副作用はないのか?気になったので調べてみました。ボンキュートとピルを併用したい人は是非参考にしてください。

ボンキュートとピルを一緒に飲んだときの副作用はあるの?

結論から言うと、ボンキュートとピルは一緒に飲まないほうがいいです。その理由を以下にまとめました。

 

ピルの主成分はエストロゲンなどの女性ホルモン

ピルの主成分はエストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンです。女性ホルモンを摂取することで身体に妊娠したと勘違いさせ、避妊ができるのです。

ピルとボンキュートは女性ホルモン過剰摂取の危険あり

ボンキュートの主成分もプエラリアで、女性ホルモンの分泌を促す効果があります。ピルとボンキュートを同時に摂取してしまうと、女性ホルモンを過剰摂取してしまう危険があるのです。

女性ホルモンは適量を摂取することで効果が出る!

女性ホルモンは適量を摂取すればバストアップや肌をキレイにする効果がありますが、過剰摂取は逆効果です。ピルもバストアップサプリも用量を守って摂取するようにしましょう。

 

ボンキュートは楽天・Amazon・公式どこが最安値?

 

ボンキュートとピルは一緒に飲んでも大丈夫?まとめ

ボンキュートもピルも両方女性ホルモンを調整する効果あり!

ボンキュートもピルも女性ホルモンのバランスを調整する効果があります。2つを併用してしまうと女性ホルモンの過剰摂取になってしまうため、副作用の危険があります。

 

女性ホルモンの過剰摂取は副作用の危険あり!!

女性ホルモンの過剰摂取によって、頭痛・倦怠感・精神不安・生理不順などの副作用が起こる危険があります。現在ピルを服用している方はピルの服用を止めるか、担当の医師に相談してからボンキュートを飲み始めるのが安全です。

 

ボンキュートは楽天・Amazon・公式どこが最安値?

 

ボンキュートに関するQ&A

ボンキュートに副作用はないの?

用量を守って飲む分には副作用の危険はありません。ただし、成分の中にはプエラリアミリフィカやキャンドルブッシュのように過剰摂取によって頭痛、吐き気、腹痛、下痢などの症状が出る可能性があるものもあります。お体に合わなかったり体調が悪いと副作用が出てしまうこともありますので、万が一副作用が出てしまった場合は服用を中止するか、医師、薬剤師、販売会社へ相談するのをおすすめします。

ボンキュートはどれくらいで効果が現れるの?

ボンキュートは即効性はないのですが、女性ホルモンの分泌が活性化することでバストアップや肌のハリ・ツヤの改善、女性らしいふっくらとした身体を形成してくれます。なので毎日飲み続けることで徐々に効果が現れてきます。実際に飲んだ人の口コミや管理人の体験を踏まえると、1ヶ月半~2ヶ月くらいで効果が実感できると思います。

ボンキュートは生理中に飲んでも大丈夫?

ボンキュートの成分をチェックすると、過剰摂取をしなければ副作用のない成分で構成されています。生理中で女性ホルモンが不安定になっている中でプエラリアを大量に接収してしまうと女性ホルモン過剰によって副作用がある場合があります。1日5~10個の容量を守って食べるようにしましょう。

ボンキュートはいつ飲むのがいいの?

ボンキュートを飲むのに効果的なのは、食事前と夜寝る前です。食事前の空腹時には身体が栄養を欲しがっているのでボンキュートの成分の吸収効率が上がります。睡眠時には栄養の吸収が良くなるので、就寝前にボンキュートを食べると効果的です。