ボンキュートの副作用に注意!成分を分析した結果

MENU

【副作用に注意!?】ボンキュートの成分を徹底分析!

ボンキュートには本当に副作用がないのか?成分表を徹底的に分析して調べてみました!商品を買って飲み始めたはいいものの、身体に良くない成分が入っていて身体を壊してしまっては大変ですので。ここではボンキュートの副作用について詳しく解説していきます。

ボンキュートに副作用のある成分はないのかを確認!

まずはボンキュートに含まれる成分の中で副作用のあるものがないかを確認しましょう。危険な成分が入っている場合は飲まないほうがいいサプリも未だに多いです。ボンキュートに含まれる成分を1つ1つ確認し、副作用の危険度と成分の効果について解説していきます。

 

ボンキュートPの成分一覧と危険度
  副作用の危険度 効果
プエラリアミリフィカ バストアップ、美肌、更年期障害改善、生理不順改善、生理痛軽減
オリーブ葉抽出物 美肌、高血圧低下、便秘解消、抗菌
デキストリン 整腸作用、便秘解消、脂肪の蓄積を減らす
アグアヘエキス バストアップ、美肌、保湿、生理不順
ゼラニウムディエルシアナム 腸内環境改善、便秘解消、免疫力向上、美容効果
大豆麦芽抽出物 バストアップ、更年期障害改善、美容効果、血流改善、生理不順改善
コラーゲンペプチド 保湿効果、シワ改善
コエンザイムQ10 美肌効果、ダイエット、冷え症改善、動脈硬化予防、生活習慣病予防、疲労回復
ローズヒップ 美肌、便秘解消、抗酸化作用、生理痛緩和、リラックス
レッドプロポリス 老化を防ぐ、ホルモンバランス調整、美白効果
セルロース ダイエット、糖尿病、脂質異常、腸内環境改善
ビタミンC シミ予防、シワ予防、ニキビ予防、疲労回復、免疫力を上げる、
ステアリン酸カルシウム 粒を固める
ヘマトコッカス藻色素 着色料
ビタミンE 抗酸化作用、老化防止、ホルモンバランスの調整
セラミド 肌の保湿

 

ボンキュートSの成分一覧と危険度
  副作用の危険度 効果
プエラリアミリフィカ バストアップ、美肌、更年期障害改善、生理不順、生理痛緩和
チオクト酸 ダイエット、老化防止、疲労回復、美肌、デトックス、糖尿病予防
オタネニンジン果実エキス 美容、肩こり改善、冷え症改善、不妊
アグアヘエキス バストアップ、美肌、保湿、生理不順
L-カルニチンフマル酸塩 脂肪燃焼、ダイエット
大豆麦芽抽出物 項目3
コレウスフォルスコリ 脂肪分解、肥満解消、高血圧予防
サラシア 糖尿病予防、ダイエット、便秘解消、貧血予防
ギムネマ 糖の吸収抑制、血糖の上昇を抑える
キャンドルブッシュ 便秘改善、肌荒れ改善、ダイエット
ガルシニアカンボジアエキス 肥満予防、食欲を抑える、コレステロール低下
メリロートエキス 抗酸化作用、肥満防止、脂肪吸収抑制、代謝促進
アフリカマンゴノキエキス ダイエット、生活習慣病予防、
ビタミンC シミ予防、シワ予防、ニキビ予防、疲労回復、免疫力を上げる
ボンキュートの成分は副作用の危険度は極めて低い!!

特別危険な成分は一切含まれておらず、容量を守って飲む場合には全く問題のない成分で構成されています。成分の殆どが植物や食物繊維などの天然由来のものなので、危険性は低いといえます。ただし、過剰摂取すると副作用があるものも多いため、注意が必要です。

 

ボンキュートPとボンキュートSで含まれる成分が異なる!!

ボンキュートPはバストアップ+美容、ボンキュートSはバストアップ+ダイエットとそれぞれ違う効果があるので、当然2つのサプリの成分は異なっています。成分を分析すると、ボンキュートPは美肌や保湿効果があるものが多く、ボンキュートSには脂肪吸収抑制やダイエット効果がある成分が多く入っていました。成分単体でサプリメントになっている商品もある中、一つの商品でこれだけ多くの成分が入っているサプリはなかなかないのではと思います。

 

ボンキュートの楽天・Amazon・公式の価格比較はこちら

 

ボンキュートは過剰摂取によって危険な成分は入っていないの?

次に、過剰摂取をすることで危険性がある成分について解説していきます。ただ、なんでもそうですが、過剰摂取によって副作用を及ぼす効果のある成分はたくさんあります。容量を守って飲む場合には効果的なものばかりですが、過剰摂取によって危険性が増すものが多いので注意しましょう。ここでは、過剰摂取による危険度と副作用の内容について解説していきます。

 

ボンキュートPに含まれる成分のうち過剰摂取による副作用の危険があるもの
  過剰摂取による危険度 副作用の種類
プエラリアミリフィカ 頭痛、生理不順、吐き気、ニキビ、太りやすくなる、頭皮が荒れる
オリーブ葉抽出物 疲労、筋肉痛、下痢、血圧低下
デキストリン 下痢、便秘
アグアヘ 嘔吐、めまい、下痢、生理不順、肌荒れ
ローズヒップ 吐き気、嘔吐、胸焼け
レッドプロポリス 頭痛、胃痛

 

ボンキュートSに含まれる成分のうち過剰摂取による副作用の危険があるもの
  過剰摂取による危険度 副作用の種類
プエラリアミリフィカ 頭痛、生理不順、吐き気、ニキビ、太りやすくなる、頭皮が荒れる
チオクト酸 めまい、動悸、皮膚の発疹
オタネニンジン果実エキス 不眠、頭痛
L-カルニチンフマル酸塩 動脈硬化
コレウスフォルスコリ 下痢、軟便
サラシア 腹痛、下痢、低血糖、流産
キャンドルブッシュ 腹痛、下痢
ガルニシアカンボジアエキス 胃の不快感
メリロートエキス 頭痛、倦怠感、
ボンキュートには過剰摂取すると危険な副作用がいっぱい?

過剰摂取をすると副作用が出てしまう成分は他のサプリメントでも多く見られます。なので、注意は必要ですが通常の使用量を守れば全く問題はありません。プエラリアの1日の摂取量は200~400mgと言われていますが、ボンキュートを10粒食べても250mgです。早く結果が欲しいからといって1日の用量を超えて食べてしまうと副作用が出てしまう可能性もあるので、3~4ヶ月くらいを目安に効果が実感できると考えておいたほうがいいでしょう。

 

ボンキュートは用量を守って飲めば副作用の心配はない!!

それぞれの成分は1日の摂取上限がかなり高めで、用量を守って飲めば上限を超えることはなく、安心して飲めるサプリメントです。ただ、飲む人の体質によっては用量を守っているのに副作用が出てしまうこともあると思いますので、まずは1日最低の5粒で様子を見て、大丈夫なようであれば5~10粒の間で調整していくのがいいと思います。

 

ボンキュートの楽天・Amazon・公式の価格比較はこちら